エレキベースとは?

ギターと違いエレキベースがどんな楽器なのかよく分からない、と耳にすることが多かったのですが、近年ではインターネットの普及や、アニメなどのおかげで、そうでもなくなってきました。また、エレキベースは地味な楽器の代表みたいなことになっていましたが、これもテクニカルなプレイをyoutubeなどで視聴できたりするので、そうでもなくなってきたように思えます。ここではもっと具体的に、ベースとギターとを比較して、色んな角度から見ていきましょう。

ギターとベースの比較

呼び方

日本ではエレキベースベースと呼ぶことが多いでしょう。英語圏ではエレキベースではなく、エレクトリックベースと呼ばれています。ベースギターと呼べば、日本でも英語圏でも通じるようです。ギター奏者をギタリストと言うように、ベース奏者のことをベーシストと言います。

弦の本数と太さ

最近では通常よりも弦が多い、多弦ギターや多弦ベースも普及してきましたが、ギターの弦が6本なのに対し、ベースの弦は4本というのを基本と思ってください。ベースは分厚い音を必要とするので、ギターの弦よりも太いのが常識で、そのためかエレキベースの弦はギターより割高です。

音域と役割

ギターの音は高く、コード弾きで伴奏をしたりソロでメロディを弾いたりします。ベースの音は低く、太い音で曲全体を支えるという役割があります。また、ベースはドラムと共にリズムを作るという仕事もしなければなりません。ベースで作る音を主にベースラインと言い、そのベースラインでドラムとメロディーとを繋ぎ合わせる、接着剤のような楽器だと思ってもいいでしょう。

弾き方

ギターは指で弾く場合もありますが、ピックを使う場合が多いでしょう。ベースはピックを使う人もいますが、指で弾く人の方が若干多いように思います。スラップ奏法という弦を叩いたり引っ張ったりする弾き方もあり、スタイルによってどれを選んでも問題ありません。ギターは複数の弦を同時に弾くコード弾きは普通ですが、ベースの基本は単音で弾くことがほとんどです。

難易度

ギターとベースの難易度を比べた時に、より簡単に弾けるのは圧倒的にベースの方だと思います。僕自身が最初ギターから弾き始めましたが、コード弾きで挫折してしまい、次にベースを始めました。弦の本数も少なく基本は単音楽器なので、簡単だったという印象が残っています。もちろん、簡単だと言っても相応の練習は必要ですし、ジャンルやスタイルなどによってはかなり難しい楽器にもなります。

ベーシストに向く人

音楽活動をしていて思うのが、几帳面や神経質な人がベーシストに多いと思います。例えば、ちょっとした細かな音の長さに敏感になり、何度も考え弾き直したりする人です。でもこれは大事なことで、ちょっとした音の長さによって曲の雰囲気は随分と変わってくるものです。また、演奏中も常に冷静で全体を見渡せられるような人も、ベーシストに向いていると思います。もちろん、これは僕が勝手に思っているだけで、当てはまらないベーシストもたくさんいます。

エレキベースは一人でも楽しめる

ギターやピアノは一人で弾いても華やかさがありますが、エレキベースもソロ楽器としての魅力は十分に兼ね備えています。始めようか迷っている人も、youtubeなどの動画サイトを参考にして、エレキベースがどんな楽器かを参考にしてください。弾き方次第で脇役にも主役にもなれる楽器です。

エレキベース一本で演奏
打ち込みを利用した演奏

バンドが全てではない

「ベースを始めたいけど、バンドを組める人も周りにいないから・・・」と思っている人もいるかもしれませんが、バンドを組むだけがエレキベースの楽しみ方ではありません。動画の方々のようにベース1本だけでも、これだけカッコイイ演奏が出来ます。もちろん、これだけ弾けるようになるにはかなりの練習が必要ですが、ギターのようにベースだけでも音色が豊かだというのが分かります。

DTM・DAWの打ち込みを利用する

パソコンで音楽を作ることを、デスクトップミュージック(略してDTM)や、デジタルオーディオワークステーション(略してDAW)と言います。バンドを組まなくても、これでギター・ピアノ・ドラムなどの楽器をパソコンで打ち込み、エレキベースだけ自分で演奏して楽しむ分けです。また、ボーカロイドとも組み合わせたりと可能性は幅広いでしょう。そのためには作曲ソフトや、オーディオインターフェイス(楽器とパソコンとを繋ぐ電子機器)などが必要になり、コストも安くはありませんが、そういうことも自宅で出来たりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です