コピーバンドのススメ

主に全国的に有名なバンドの曲を、同じように自分たちのバンドで演奏することを、コピーバンドと言ったりします。バンドを組まなくても、コピーしたいバンドのCDと合わせて演奏するだけでも楽しく、何より良い練習になります。僕が高校生の頃によくコピーしていたバンドを、幾つか紹介しておきます。

耳コピとバンドスコア

CDなどから聴こえるベース音を耳で聴き取り、同じように演奏することを耳コピと言います。耳コピが出来れば大変便利なのですが、慣れや根気がいる作業なので、直ぐには無理だと思います。耳コピも少しずつ練習してほしいですが、先ずはバンドスコアを利用するといいでしょう。バンドスコアはTAB譜も載っている譜面で、有名なバンドならCDと同じくして、バンドスコアも発売されています。


バンド名THE BLUE HEARTS(ザ・ブルー・ハーツ)
ベーシスト名川口 純之助(かわぐち じゅんのすけ)
バンドスコアブルーハーツ スーパーベスト
ブルーハーツ スーパーベストのCDジャケット

コピーバンドの王様的入門的バンド

僕がコピーをし始めた頃には、もう既に解散していたと思いますが、まだまだコピーバンドの王様みたいな感じでした。ベースの難易度もそれほど高くはなく、ピック弾きでも、ツーフィンガー奏法でも演奏できると思います。ベースラインは8ビートが主体で、まさにコピーバンド入門と言った感じです。



バンド名UNICORN(ユニコーン)
ベーシスト名EBI(えび)
バンドスコアザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン
ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーンのCDジャケット

ピック弾きのロックスタイル

ユニコーンは1993年に一度解散しましたが、2009年に再結成されています。ベースラインは入門程度のものから、スピーディーでメロディックなものまであり、初心者を脱する位のレベルかと思います。ベース担当のEBI氏は、主にピック弾きで、ロックスタイルのフィンガリングが印象的でした。



バンド名L'Arc~en~Ciel(ラルク・アン・シエル)
ベーシスト名tetsuya(テツヤ)
バンドスコアClicked Singles Best 13
Clicked Singles Best 13のCDジャケット

華やかで伸びがあり飛び回るベースライン

ベース担当のtetsuya氏が作り出すベースラインは華やかで、バンドをグイグイと引っ張っていく、というイメージがあります。中でも僕が印象に残るのは「HONEY」という曲で聴ける、伸びがあり飛び回るようなベースラインで、今でも耳と手に残っているので、いつでも弾くことが出来ます。



バンド名Hi-STANDARD(ハイ-スタンダード)
ベーシスト名難波 章浩(なんば あきひろ)
バンドスコアANGRY FIST
ANGRY FISTのCDジャケット

ベース&メインボーカル

当時、最も有名なスリーピース(三人編成)バンドが、ハイ-スタンダードでした。難波氏はピックで、速く難しいベースラインを弾きながらも、ボーカルもされていたので驚きました。僕はとても歌えませんでしたが、ピック奏法の練習には抜群でした。これを一通り指弾きで弾けたら、大したものだと思います。



バンド名JUDY AND MARY(ジュディ・アンド・マリー)
ベーシスト名恩田 快人(おんだ よしひと)
バンドスコアTHE POWER SOURCE
THE POWER SOURCEのCDジャケット

くじら12号を指弾きで

2001年まで活動していたバンドですが、今でも根強い人気があるでしょう。ベース担当の恩田氏は、主にピック弾きでしたが、僕は全て指弾きしていました。特に印象強いのが「くじら12号」という曲のベースラインで、指弾きではかなり苦戦して、泣きそうになったのを覚えています。

バンドスコアは採譜ミスも多い

バンドスコアは、そのバンドのギタリストやベーシスト、ドラマーやキーボーディストが実際に書いていたり、目を通していたりすることは極めて稀で、全く別の人がCDを聴き、採譜していることが多いです。その採譜者も素人ではなく、音楽の心得はあるのですが、採譜ミスもよくあることです。実際にそう聴こえたからミスしているのか、音楽ソフトで記入する際のミスなのかは分かりませんが、バンドスコアを完全に信用するのは止めておきましょう。CDと一緒に弾いていて、耳に違和感を感じたら、採譜ミスを疑ってみることも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加